組織の情報1



●SuperFreeで行われていたという強姦の手口

1.イベントの一次会では明るく健全な様を装う。
( 組織幹部と直接話してみたいという女性の心理に付け込み二次会に誘う )
 ↓
 ↓
2.二次会の居酒屋等で強姦の標的の女性を決める。
( 早大の事情に疎く遊びなれていない地方出身の他大学等の新入生を狙う )
( 初参加で場慣れしていない、オドオドした感じの女性を狙う )
( 次からは来なくなるような組織の雰囲気に合わない感じの女性を狙う )
 ↓
 ↓
3.ゲームと称して徹底的にアルコール度数の高い酒を飲ませる。
( ソフトドリンクは用意せず、酒の飲めない女性にも飲ませる )
( 酒類にスピリタス( アルコール度数96度のポーランド産ウォッカ )を混入し、早く酩酊させる )
( スピリタスは酩酊させた女性にとどめを刺し、失神させるのにも用いる )
( 店舗またはフロアを貸切にするなどして、店員を排除してスピリタスを混入する )
( 「 もう飲めません 」 と拒んでも、「 これはルールだから 」 と強制的に飲ませる )
 ↓
 ↓
4.介抱すると称して女性の友人がいる部屋から隔離し、強姦または輪姦する。
( 女性を酔いつぶした者が輪姦の一番手の権利を得る )
( 目立たないように最初は一人で。後から後から3〜10人程度が犯行現場へ向かう )
( 見張り役を立て、携帯電話で連絡をとりあい、犯行発覚防止に万全を期す )
( 途中で逃げられないように、靴、財布、携帯電話を取り上げる )
( 心配して様子を見に来た友人には「 救急救命士の資格を持っている仲間が介抱している 」 と偽る )
( 犯行後は口裏合わせをし、証拠隠滅のため女性の携帯電話から自身らの番号を消去する )
( 犯行現場は男子トイレやカラオケボックス、事務所マンションが多い )
( 「 ギャルズ 」 と呼ばれる協力者の女らがいる )
( 現場を写真またはビデオ撮影の上、脅迫することにより被害者女性の口を封じる )
( 被害者は数百人の可能性 )

・強姦の役割分担( 2003年6月28日付読売新聞 )
「 声かけ役 」 ・・・女性に二次会への参加を呼びかける。
「 飲ませ役 」 ・・・女性を酔わせる。
「 分断役 」  ・・・女性を一緒に来た友人と引き離す。
※逮捕された14人だけですべての役割を分担できたのか、また、数百件の余罪が事実として、すべて14人だけで行ってきたのかは不明。

・組織における強姦の意義( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
組織ではチケットがさばけても強姦に参加できない者はダメな男の烙印を押されるという風潮があり、強姦は度胸試しでもあった。女性を犯すことで「 異常な連帯感 」 を保っていたともいえる。
※集客と強姦ができることがSuperFreeにおける「 文武両道 」 といえるのかもしれない。

・現在被害届は30件以上( 週刊文春8月14日・21日号 )
角田由紀子弁護士( 東京大学文学部卒 )著書「 性差別と暴力 」 ( 有斐閣 )( サンデー毎日2003年7月13日号 )
「 ( 強姦事件では )被害者のうち、告発する女性は1割程度 」 →30÷0.1=300

<ポイント>酒・薬物により意識をもうろうとさせるか、気絶させること。
( いくら奔放な女性でも初対面での乱交は合意が見込みにくいため )
( また、女性をトイレに行かせ一人にするため )
( さらに、処理時間を短縮して犯行の発覚を防ぎ、効率を上げるため )

<専門用語>
現物支給・・・幹部に報酬として強姦対象の女性を与えること。※SuperFreeで使用
撃つ=打つ・・・女性と性交( 強姦を含む )すること。※SuperFreeで使用
無理撃ち・・・強姦すること。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
チームワーク・・・輪姦すること。※SuperFreeで使用( 2003年6月28日付読売新聞 )
マワす・・・輪姦すること。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
回転・・・輪姦すること。※SuperFreeで使用( 第31回公判和田真一郎証言 )
ローリング・・・輪姦すること。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
パルマ・・・膣内射精( 中出し→中田氏→中田選手の所属するイタリアのサッカーチームの名称 )※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
ブロッキング・・・強姦の標的の女性をその友人から引き離すこと。犯行の準備行為の一つ。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
アシスト・・・強姦の手伝いをさせること。「 アシスト 」 することで「 現物支給 」 の可能性。いわば「 ご恩と奉公 」 の主従関係で結ばれているといえるのかもしれない。 
献上・・・強姦の標的になりやすそうな知人の女性を連れて行き、和田にそれを伝えた上で、自身らもブロッキング等で犯行を幇助すること。※SuperFreeで使用( 第19回公判小林潤一郎証言 )
和田部屋・・・強姦に用いる部屋。通常、カラオケボックスで借りる大小二部屋のうち、小部屋の方。※SuperFreeで使用( 週刊新潮2003年7月3日号 )
鬼畜班・・・マワシ( 輪姦 )に参加する組織幹部。10人弱( 逮捕者含む )。※SuperFreeで使用( 週刊文春2003年9月25日号 )
和み班・・・鬼畜班以外の組織幹部・構成員。約40人。現場に居合わせることも。※SuperFreeで使用( 週刊文春2003年9月25日号 )
※第8回公判藤村翔証言では、「 鬼畜班 」 は輪姦を推進する側、「 和み班 」 は輪姦に反対する側で、「 和み班 」 の構成員は組織を辞めざるをえない状況に追い込まれたと説明された。
お持ち帰り・・・通常1人の女性と合意の上で性交するために任意の場所へ移動すること。ただし、その後、複数の構成員を電話で呼び出し輪姦行為に及ぶこともある。※SuperFreeで使用( 第17回公判小林大輔証言 )
ギャルズ・・・主にパーティー券の販売を業とする組織の末端構成員( 女 )。女性参加者を組織事務所など犯行現場へ連れて行く役割を担う。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
スピ・・・スピリタス( アルコール度数96度のポーランド産ウォッカ )の通称。※SuperFreeで使用( 週刊文春2003年9月25日号 )
スペシャル・・・スピリタス等の高アルコール度数の酒類を混入した飲料。スタッフ間の受け渡しの際には、誤って自分たちが飲まないように「 スペシャルです 」 と口伝することが求められる。※SuperFreeで使用( 2003年6月29日日本テレビ「 バンキシャ! 」 )
スーパー・・・「 スペシャル 」 に同じ※SuperFreeで使用( 第17回公判小林大輔証言 )
和田サン用・・・「 スペシャル 」 に同じ※SuperFreeで使用( 第17回公判小林大輔証言 )
熱いコ・・・容姿の優れた女性。強姦の標的となる。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
スーパー飲み会・・・二次会のこと。主要な犯行現場の一つ。※SuperFreeで使用( 週刊ポスト2003年7月11日号 )
なごみ・・・強姦の後で主に容姿の優れた組織構成員が被害者女性に対して「 みんながきみをかわいいと言っているよ 」 などと一見優しい声をかけて懐柔すること。女性が被害届を出さないようにする犯行の事後処理行為。※SuperFreeで使用( 2003年7月2日テレビ朝日17:00のニュース )
おかわり・・・同じ女性と二回以上性交渉を持つこと。組織では「 おかわり 」 をせずに多くの女性と性交渉を持つことが価値あることとされていた。※SuperFreeで使用( 週刊文春2003年9月25日号 )
飼う・・・女性を継続的に自己の性的・経済的服従の対象となる状態にすること。
ミンザイ・・・睡眠導入剤の略称。強姦の手段として用いる。
つぶつぶオレンジ・・・睡眠導入剤のこと。S製薬の某製品をさすという説あり( 錠剤の色と形状から )。
ハ○○○○・・・ハルシオン( 薬効の強い睡眠導入剤 )の隠語。

※撃(打)つ
今春SuperFreeのイベントの二次会で強姦未遂に遭った女性の話
「 気持ち悪かったからトイレに行った時に、( 後ろからついてきた )スタッフがトイレの中に入ってきて、向こうがズボンを脱いで。彼らは女の子をやることを“撃った”と言っていた。今日は何人撃ったとかいう話をスタッフ同士で話していた。撃った数で『 偉い 』 みたいな 」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye769469.html

・女性スタッフが日常的に行われていた可能性のある強姦についてどの程度関与または認識しているのかは不明。ただ、たとえ男性スタッフに対して少数で従たる立場であったとしても、参加者から金銭を徴収する組織のスタッフである以上、同性である女性参加者が強姦されることなく無事家路につけるように配慮する義務があるのではないかとの見方もある。

( 参考 )第17回公判小林大輔証言
女性スタッフは組織的な輪姦行為について認識しており、目標の女性に酒を飲ませ酔わせるなどして犯行に積極的に加担していた。
( 参考 )第19回公判小林潤一郎証言
■女性スタッフも組織的輪姦行為について認識していた。
■のみならず、和田らの輪姦行為が容易になるよう積極的に協力していた。
■具体的には、スペシャルを飲ませたりブロッキングする以外に「 献上 」 があった。
■「 献上 」 とは、標的になりやすそうな知人の女性を連れて行き、和田にそれを伝えた上で、自身らもブロッキング等で犯行を幇助すること。
■2001年12月19日の事件の被害者女性( 19 )については、「 献上 」 の結果発生したもの。
■「 献上 」 した女性スタッフは和田、岸本らと何らかの見返りの約束があった。
■見返りの内容については不明。
■ただ、そこまでしても「 献上 」 のメリットはあった様子。
■その女性スタッフは合意の上で和田や岸本、小林潤一郎らと乱交していた。

・参加者の女性の警戒心等の不備を指摘する声もあるが、イベント参加者の多くは早大の事情に疎い他大学等を中心とする社会的経験の浅い十代の新入生とみられ、また、職業的強姦集団と言ってよい組織が、機関紙等で早大等有名大学の社会的信用を利用し、二十年以上の歴史があること等を喧伝して、モデルやタレント等を用いて表面的には健全で誠実な様を装い、サークルの体裁を整えている場合には、まさか友人同席の上での飲食の場で強姦されるなどとは思わないのが通常とみられるから、それは被害者女性にとって酷ではないかとの見方もある。

●強姦に関連する映画
・狼よさらば( 1974年 )主演:チャールズ・ブロンソン
妻と娘を強姦された上、妻は殺害され娘を廃人とされた男性が犯人を一人ずつ追いつめ射殺していく。犯人らを射殺していくことによってニューヨークの犯罪発生件数が低下する。刑事は最後に男性を追いつめるが、その心情を思い、証拠である拳銃を川に投げ捨てる。
http://www.netlaputa.ne.jp/~sakura3/deathwish.htm
・リップスティック( 1976年 )主演:マーゴ・ヘミングウェイ
強姦された女性が自らの尊厳を賭けて犯人を刑事告訴するが、法廷で屈辱的な思いをさせられた上に敗訴する。その後妹をも強姦された彼女は、犯人を射殺する。
http://members.tripod.co.jp/TNcinemaLAB_real/ri/rippusutexikku.html
・ダーティ・ハリー4( 1983年 )主演:クリント・イーストウッド
妹と共に強姦され、妹を廃人とされた女性が犯人を自ら探し出し、一人ずつ射殺していく。最後の戦いの後、彼女は逮捕を覚悟するが、ハリー・キャラハン刑事は集まってきた警察官に対し、射殺した男( 強姦犯人 )が連続殺人の犯人であるとして彼女を見逃す。
「 Go ahead, make my day. 」 。
http://www.paoon.com/film/vvuhahvm.html
・アレックス( 2003年 )主演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル
結婚を間近に控えた婚約者を地下道で強姦された上、顔面をコンクリートに打ち付けられ、腹部を蹴り上げられるなどして重傷を負わされた男性が友人とともに犯人の居場所を突き止め、消火器等で顔面を殴打するなどして撲殺する( ただし人違い )。
 http://www.alexmovie.jp/
・告発の行方( 1988年 )主演:ジョディ・フォスター
強姦された女性が犯人らを刑事告訴する。主人公側はいったんは強姦を過失傷害とする裁定取引に応じるが、自らの尊厳を賭け、はやし立てた男たちを対象に再度刑事告訴する。
http://www.uipjapan.com/phej/dvd/tit01350.htm

●強姦に関連するテレビドラマ
・NHK「 生存 」 ( 2002年 )主演:北大路欣也( 原作:福本伸行・かわぐちかいじ )
妻をガンで亡くし、自らもガンで余命3ヶ月の宣告を受け、代表取締役就任直前に会社を辞して自殺を図ろうとする男性に、14年前に行方不明となった一人娘の遺体発見が知らされる。時効成立まで自分の余命と同じ3ヶ月を残す中、男性は意欲に欠ける警察を尻目に娘を強姦・殺害した犯人を執念で探し出していく。
http://www.nhk.or.jp/drama/archives/seizon/html_main.html 

●強姦に関連する書籍
・小説「 夢は荒れ地を 」 ( 文藝春秋社・船戸与一( 早稲田大学法学部卒 )著・2003年6月 )
PKOで派遣されたカンボジアの地で現地除隊した元自衛隊員の友人の探索に赴いた男性が、多発する殺人、横行する人身売買、腐敗した官憲に直面する。男性は彼地の識字率向上・学校建設・人身売買からの解放に尽力する友人との再会を果たすが、人身売買を拒絶したがために多数の仲間を殺害され、恋人といってよい女性を誘拐・強姦された友人を支援し、「 暴力の義務 」 、「 義務としての暴力 」 を自問しつつ、身重の妻を日本に残したまま、死を覚悟して人身売買の本拠地に攻撃をかける。
http://www.bunshun.co.jp/jicho/yumeha/yumehai01.htm
http://www.bunshun.co.jp/z_funado/funado01.htm
※今回の事件についての文藝春秋( 週刊文春 )の強硬な姿勢の一因ではないかとの見方もある。

●捜査関係者の意気込み
サンデー毎日2003年7月13日号
「 ( 語気を強めて )踊場でやっておいて、何が合意の上、だ。なりふり構わず捜査して、あらゆる証拠をそろえる( そんな言い訳が通用するか、という怒りの爆発 ) 」
週刊文春2003年7月10日号
「 再逮捕はもちろん、現在逮捕されている5人以外や企業に就職しているOBも捜査対象になるだろう。家宅捜索でパソコンを押収しており、暴行現場の写真や二次会で使っていた店の資料も押さえてある。輪姦に加わっていなくても見ていただけでも現場にいれば共同正犯でもっていく意気込みでやっている 」
週刊文春2003年8月14日・21日号
「 7月中には必ずサイタイ( 再逮捕 )、新しい顔も持っていく( 逮捕する )から 」
※7月31日の和田真一郎と小林潤一郎の再逮捕、岸本英之の逮捕を示唆して。
「 ( 7月31日の逮捕・再逮捕前日が和田と岸本の誕生日だったことについて )その日をはずしてやったのはちょっとした誕生日プレゼントだよ 」
「 ( 断言して )少なくともあと三人は持っていくから 」
※和田、小林( 潤 )、沼崎、藤村、小林( 大 )、岸本の6人以外に。
※2003年11月5日に7人が新たに逮捕。11月14日にさらに1人が逮捕。
「 岸本は取り調べに対し、『 セックスはしたが合意の上 』 と言っている。が、こちらには三十件を越す被害届と写真をはじめとして多くの証拠がある。時間はかかるだろうが、徹底的にやっていきますよ( 自信満々に ) 」
※その後初公判で強姦の起訴事実を全面的に認めた( 2003年9月17日付朝日新聞 )

●残党の主張( 元組織幹部へのインタビュー )
「 就職を控えた元スタッフたちは将来に不安を抱いています。ネット上で「 スーフリ 」 で検索をかければ、逮捕者以外のメンバーの個人名や写真がいくらでも出てくる。企業の人に見られたらまともに就職もできない。一部の心ない連中のために多くの道が閉ざされてしまう。レイプにかかわっていたのは一部の人間だけだったことを知ってほしいんです 」 ( 週刊文春2003年9月25日号 )

※たとえ直接的には輪姦行為に参加していないとしても、
( 1 )和田らの輪姦行為を認識していたにもかかわらず、
( 2 )常習的な和田らの行為をやめさせず、
( 3 )犯行現場で被害者女性を救いもせず、
( 4 )捜査機関への通報もしないまま、
( 5 )不特定多数の女性にパーティー券を販売して利益を得、
( 6 )和田らと共にパーティー運営を行い、
( 7 )その結果二次会等へ参加した数百人の女性が被害を受けている
と思われる以上、元組織幹部・構成員は和田らの犯罪行為を認容し、その一翼を担ったと見るのが妥当であって、「 まともな就職 」 だの「 多くの道 」 だのを語る資格などないのではないかとの見方もある。

※2003年11月に新たに逮捕が報道された8人のうちの数人がインタビューで「 自分はやっていない 」 などと大嘘をついていたことからすれば、「 レイプにかかわっていたのは一部の人間だけだった 」 という言葉もまた同様に大嘘ではないかとの見方もある。